2011_08
09
(Tue)22:35

くぅちゃん、一人で虹の橋へ行って心配です

皆様、お悔やみの言葉・励ましの心あたたかいメッセージを
  
本当にありがとうございました。 
 
まだ・・・くぅちゃんの名前を呼び、泣きながら探しまわってしまう 
 
自分がいます・・。
 
・・・・・・・
 
くぅちゃんの事を少しお話したいと思います。   
BLOG9128_20110809215435.jpg

  


ご存知の皆様も多いと思いますが くぅちゃんは生後2か月の時に
  
私が親にプレゼントした猫でした。 
BLOG9130.jpg  
小さい頃、『クゥークゥー』と鳴くので くぅちゃんと名づけました。
 
はじめは室内飼いでしたが 2年目から家と外を自由に出入りするようになりました。

  (この事が後に・・・後悔となるのです)
 
朝ご飯を食べてから、外へ出かけ・・・夜にご飯と寝に家へ戻ってくるという
 
生活パターンでした。

我が家ではくぅちゃんのことを『さすらい猫』とすら 呼んでいました。
dejikame 971  


そのためか近所ではみなさんに可愛がられ 

ちょっとしたアイドル猫となっていました(^^)
 
・・・が、そんな生活も今から3年前、くぅちゃんが13歳のときに、一転することになりました。


近所の野良猫と喧嘩をして、左目を負傷し・・・・失明の危機にさらされ、

 眼の手術を3,4回受けました。完治はしなかったものの・・うっすらとは


見えるまで回復していたと思います。

しかし、これ以上ひどくならないように、完全室内飼いにしました・・・・。

 そこから くぅちゃんの生活は変わりました。自由に外を行けないストレスもあり、 

どんどんと弱って行きました。これでは可哀そうだということで、また少しずつ

 外にだしてやることにしました・・・。

そして、先日、お腹が妙に膨らんでいるので病院へ連れて行きました。
dejikame 970 

7月21日  4時間もの検査の結果

お腹に癌ができていて、さらに肺にも転移していると医師から

  告げられた。素人の私がそのレントゲンをみても かなりの大きさでした。  

そして、腎不全と年齢的なもので、癌摘出手術は無理です・・・と。

お腹のふくらみは癌により、水が溜まっていると・・・

私は『この子が、痛かったり辛かったりすることをまず第一に除いてあげてください』と

 先生にお願いしました。

治療:腹水を1L抜く  

脱水症状があるので点滴(栄養補給+抗生物質)

お腹から水を抜いたくぅちゃんは 楽になったように思えました。

 ・・がこの日を境に 食欲がなくなります・・・・。

 いつもの4分の1程度しか 口にしません。

そして、カリカリはまったく食べなくウエットや、ささみを食べていました。

 7月29日 2回目の点滴

しかし、元気もなく歩くのもやっと・・・・・・

8月1日 またお腹がぱんぱんなので、1Lの腹水を抜く・・・・

 お腹にさした針後から少し体液が漏れている・・・

 病院に連絡すると・・・そのうち止まるとのこと。

 2日後に止まる。・・が、もうささみもウエットも食べず・・・

スープをぺろぺろとなめるだけ。みるみるうちにがりがりになりました。

先生に電話をして、点滴をすることで くぅちゃんの命はどのくらい

もちますか?と聞きました。 

『そうですね・・数日の違いです・・・・』・・・・・・・・

そこで、母と相談をして、病院にいくストレス、命がわずかな子に嫌がる注射を
 

するかどうか・・・。で、決断しました・・・もう病院はやめよう・・・と。
 
くぅちゃんは、日に日に弱っていきました。
 
昨日できたことが、今日はもうできない・・・
 
階段・・昨日まで登れたのに・・・・

昨日までヨタヨタでも歩けたのに・・・・ 
 
昨日まで 前足で這って移動していたのに・・・

もう今日は・・・顔をもちあげられない・・・。
 
8月6日・・・・もう動けなくなったはずのくぅちゃんが・・・・
 
庭で花に水をあげている母の元に・・・・家から這ってでてきたのです。 

母は泣いていました。
 
この日、もう、明日はないかもしれないと思い、くぅちゃんを抱っこして、
 
くぅちゃんのお散歩コースを歩きました。
 
くぅちゃんは、目をまんまるくして・じーっと景色を眺め
  
ていました。そして この日の夜、娘を連れ、再びくぅちゃんに会いに行き、 
 
一緒にいました。
 
そして 8月7日 すでに朝から呼吸が速かった。

辛そうだった・・・・・
 
動かないからだを必死にもがき・・・窓の方へ体をずらしていった・
 
そこで、くぅちゃんの目から涙が3粒こぼれた・・・・・
 
最後だ、・・・好きな場所に・・と思い、いつもの庭の場所に抱きかかえていった・・・
 
それから5分くらい・・・更に呼吸は激しくなり・・苦しそうだった・・・ 

私はくぅちゃんに今まで がんばってがんばって・・・と言っていましたが
 
この苦しそうなくぅちゃんを見て

『くぅちゃん、もう頑張らないでいいから、苦しまないで逝きなさい。』と 
 
言いました・・・・。
  
私は玄関に物を取りに行った母に大声で叫んだ
 
『ママ!!!早くきて・・』
 
そして母は苦しんでいたくぅちゃんを抱っこした・・・
 
そうすると、今までの苦しみが嘘だったかのように・・・
 
穏やかな顔で目をまんまるくして・・・可愛い顔になりました・・・
 
それから1分後くらいかな・・・痙攣をして足をぴーんとのばしました・・・
 
これが最後でした・・・
 
とても可愛いお顔をして、くぅちゃんは虹の橋に向かって歩きだしました。
 
まるで、赤ちゃんのようなお顔でした。
 
私は くぅちゃんを母の腕から受け取り・・・・
 
くぅちゃんの好きだった道をゆっくりと歩きました。 

くぅちゃん・・・・また、向こうでに一緒にお散歩しようね・・・ 
 
と話しかけながら・・・。
 
くぅちゃんの棺には、母の家の庭の花をたくさん・・・入れました。
  
そして、好きだった食べ物・・・・
 
そして、くぅちゃんの手には、母と私の写真を持たせました。
 
必ず・・・私たちの元へ、生まれ変わって戻って来てくれるように・・・、。
BLOG9129_20110809215534.jpg 

くぅちゃんは少しでも幸せだったでしょうか。

 それはくぅちゃんに聞かなければわかりません。

ただ、言えることは家族のみんなは 
 
本当に本当にくぅちゃんが大好きでした。
      
くぅちゃん    くぅちゃん・・・・・・
  
・・・・・・・・・・・

空には・・・今までに見た事もない大きな虹の橋が 

かかっていました・・・

BLOG9127_20110809215421.jpg 


くぅちゃん・・・気をつけて行ってらっしゃい。
  
また会う日までね。

dejikame 972 




C.O.M.M.E.N.T

くぅちゃん幸せだったと思います。
ご両親やまりま~さん達以外にも
ご近所の方々にも愛されて
幸せを与え合って過ごしてきた日々ですもの。

私も2にゃんを見送り、二番目の子は腕の中で見送りましたが
12年一緒にいたはじめの子は、事故死で死に目に会えなかったので
どれだけ苦しんだのか?どれだけ不安だったか?
事故現場から10m以上離れた所に隠れて死んでいたので
即死では無かったことが分かるだけに、それを思うと胸が締め付けられます・・・

くぅちゃんも辛かったと思いますが、見送ってもらえて
まりま~さん達も見送ってあげられて良かったですよね。

ふわふわの国のお話が好きです。
いつか帰って着てねって、私はもう逢えてるのかも?

綺麗なお花に、綺麗な虹ですね。
くぅちゃん少しの間お別れだね・・・

2011/08/10 (Wed) 05:30 | kitten #SbAph39o | URL | 編集 | 返信

くうちゃんの思い出
ジーンとしながら読ませていただきました
ご家族や、地域の方に愛されてたくうちゃんは
幸せにゃんこだったと思います
最後は、大好きなお母様の腕の中で・・・・

大きな虹は
くうちゃんが、虹の橋へ行くのを
待っててくれたのかな?
美しいですね

2011/08/10 (Wed) 07:16 | 由乃 #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

くぅちゃんは、まりま~とまりま~ママそしてご近所のみんなから愛されて本当に幸せだったと思います。最後には大好きなママに抱っこされながら・・・
くぅちゃん最後までよく頑張ったね。
これから先、多くの人がくぅちゃんことを覚えていてくれると思う。

そんなくぅちゃんだから、綺麗な虹の橋がお出迎えに来てくれたんだよね。

まりま~・まりま~ママが早く元気になれますように♪


2011/08/10 (Wed) 07:32 | #- | URL | 編集 | 返信

くぅ様、生きている間にいろんなことを体験しましたな。
持てる力をいっぱい使って生きましたね。
さいごに可愛い顔を見せてくれたのがくぅ様の感謝だったのでしょう。
まりま~様、お母君様。
くぅ様をしっかり看取ってあげられて、くぅ様も安心したと思いますよ。

2011/08/10 (Wed) 09:17 | 侍従長 #qDfdtOiE | URL | 編集 | 返信

読んでいて胸がいっぱいになりました・・・
最後はまりま~さんママの手の中で
きっとくぅちゃんも安心したんでしょうね。
今頃は空から見守っててくれてますよ・・・

2011/08/10 (Wed) 11:27 | ぷんちゃんママ #- | URL | 編集 | 返信

たくさんの人に愛されて幸せだったね、くぅちゃん
大好きなお母さまの腕の中で看取られたんですね
虹になってまりま~さん家族を見守ってるんだと思いました
最後まで立派だったね・・・くぅちゃん

必ずやって来る悲しい別れ
自分もまりま~さんご家族のように最後まで、ちゃんと看取れるように
今を大事に暮らしていきたいと思いました

くぅちゃんのご冥福をお祈りします
そして、まりま~さんも元気だして
まりま~さんが悲しんでたらくぅちゃんも悲しんでると思います

2011/08/10 (Wed) 15:33 | いたずらっこ #- | URL | 編集 | 返信

検査からくぅちゃんが旅立つまでの間、まりまーさん
とご家族がどれだけおつらい気持ちで過ごされたか
とっても伝わってきて、涙が止まりませんでした。
何とかしてあげたいのに、目の前で苦しんでいるのに
見守るしかできない.....本当に本当につらく悲しい時間
だったと思います。
くぅちゃんの涙はどんな意味があったのでしょうか。
痛かったのか、お別れがつらかったのか.....。
くぅちゃんも、まりまーさんご一家が大好きだったの
ですね....。
最後はお母様に抱かれて、優しいお顔で旅立っていった
くぅちゃん....まりまーさんご一家にこんなにも愛されて
ホントに幸せだったよね。
もう虹の橋にたどり着いたかな......。
これからも大好きなご家族を見守っていてね.....。
頑張り屋のくぅちゃん、本当にありがとう.......。



2011/08/10 (Wed) 21:42 | ヒカコ #- | URL | 編集 | 返信

くぅちゃん、旅立ってしまいました。
最後まで頑張ったんですね。
えらかったですね。
私もまりま~さんやお母様、ご家族皆様それに
ご近所の方々にも愛されて
本当に幸せだったと思います。
絶対すごく幸せだったと思います。
ふわふわの国に行っても、お二人の写真を持っているので
迷子にならずに、いつのかきっとまた会えると
思います。
その日まで、しばらく間お別れですが
チビちゃんと会っていると思いますので
もう少し待っててあげて下さいね。

2011/08/10 (Wed) 21:49 | miyabi #- | URL | 編集 | 返信

くぅちゃんは 間違いなく たくさん、たくさん、幸せだったよ。
最後に一緒にいられたこと、喜んでいると思います。
心から ご冥福をお祈りいたします。
まりま~さんに会えてよかった、って声が聞こえるよ。。。

2011/08/10 (Wed) 21:54 | mika #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/08/11 (Thu) 00:56 | # | | 編集 | 返信

くぅちゃんのご冥福をお祈りします 。

くぅちゃんはとってもとっても幸せだったと思いますよ。
猫らしく、素敵なにゃん生だと思います。

『虹の向こうは~、晴れなのかしら~、あなたの街の~あのあたり♪ 』

虹の橋のたもとで、また、人気者になること、間違いなしですね。
しばらく、そっちで遊んだら、早く帰っておいでねぇ~。

2011/08/11 (Thu) 10:53 | YUE #ml/Df6q2 | URL | 編集 | 返信

 やっぱり なみだなみだです・・・
お別れはつらいですね。

皆様に 大好きで居てもらって いっぱい愛されて ずっとそばに居れて 好きな場所もいっぱい 旅立つ少し前までおいしいものもいっぱい食べれて。。
くぅちゃんは 間違いなく 幸せな猫さんだったと思います。

チグラーシャも 病気が見つかった時にはもう手のつけようもなく 1週間ともたなかったけど 呼吸が苦しいのが戻らなかったから もう楽になっていいよって思いが強かったです。

くぅちゃん 必ず 生まれ変わって また一緒に暮らせますよね。
まりま~さんも お母様も 皆様も あまりお力落としのないように・・・

2011/08/12 (Fri) 01:48 | はろぉちぐ♪ #NkOZRVVI | URL | 編集 | 返信

くぅちゃん!!!!!こんなに小さい時から育てたら愛着ありまくりますよね。そしてなんて奇麗な虹…これからは病気の苦しみも無く若い元気なままでご主人様を待ってられるんですね。くぅちゃん、ちょっとのお別れだけど待っててね。
私、子供の頃くーちゃんて呼ばれてました(笑)(久美子だから)

2011/08/12 (Fri) 07:15 | くぽ #v1Po7r/M | URL | 編集 | 返信

こちらこそコメントご無沙汰しちゃってすいません。
まずくぅちゃんのご冥福をお祈りいたします。
詳細を書いてくれてありがとうございます。
きっと書く時もとても辛かったですよね。
別れは本当に辛い。
でもくぅちゃんみんなに愛されて、幸せな猫生
だったことと思います。

最後の方はきっと辛かったと思うから・・・・
虹の橋の向こうではおいしいものをいっぱい食べて
元気に走り回ってね。

お母さまが最後に抱っこした時に見せてくれた
穏やかな表情が、くぅちゃんが幸せだったことを
物語っているのだと思います。
くぅちゃん、苦しい中で精一杯お顔でお礼を言って
いたんじゃないでしょうか。
とっても悲しかったけど、そこを読んでくぅちゃんが
幸せだったんだ、良かったと思いました。
まりま~さんもご家族の方もまだまだお辛いと
思います。
このひどい暑さもありますし、どうか体調など
崩されませんように。

2011/08/12 (Fri) 15:05 | 桃とらマン #iWfHidvU | URL | 編集 | 返信

くうちゃんはしっかりと家族の愛情を感じていたと思います。
だからきっと一緒に過ごせた日々を喜んでいることでしょう。

先代猫を看取ったときのことを思い出しました。
だんだんと弱っていく姿を見守るのは辛かったです。
最後に先代猫にかけた言葉は、
「ありがとう」でした。
出会えたこと、一緒に過ごせた日々をありがとう・・・!
くーちゃんの上に、まりま~さん、お母様の上に
平安をお祈りいたします。

2011/08/12 (Fri) 18:58 | Ange #RLl0QffQ | URL | 編集 | 返信

くうちゃん、改めてご冥福をお祈り申し上げます。まりま~さん今のお気持ちはとても辛くて悲しいものであると思いますが、その中でのブログ更新ありがとうございます。
記事を読んで…涙が止まりませんでした。
そして以前飼っていた猫のことも思い出しました。
最後お母様はじめご家族に看取られながら虹の橋に旅立っていってくぅちゃんはとても幸せだったと思います。
悲しみはすぐには消えないと思うけれど、無理せず少しずつお気持ちを整理していってくださいね。

2011/08/12 (Fri) 20:22 | amiyan #- | URL | 編集 | 返信

最近忙しくてこのこと初めて知りました。
まりま~さん、くぅちゃんは幸せ者だったと思いますよ。
このブログからそれがにじみ出ています。
くぅちゃんのご冥福を心からお祈りいたしております。

2011/08/14 (Sun) 00:20 | くろちゃーま #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック